特設注意市場銘柄

「特設注意市場銘柄」とは、株式市場において、何らかの問題があると証券取引所が判断した企業の株式を指します。例えば、上場契約違反、有価証券報告書の虚偽記載などの理由で、投資家に対して注意を促すために指定されます。この指定を受けると、通常の銘柄とは区別されて特設注意市場にて取引を行うこととなり、企業は投資家からの信頼回復に向けて改善を図る必要があります。企業は指定されてから1年後に、「内部管理体制確認書」を提出し、審査により改善したと判断されれば指定解除となります。特設注意市場銘柄に指定されると、株価に悪影響を及ぼすことがあるため、投資家はより慎重な投資判断が求められます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。