投資の三原則

投資の三原則とは、リスクを管理しながら資産を増やすための基本的なルールです。具体的には投資商品の「収益性」「安全性」「流動性」を指します。また、投資手法としての「分散投資」「長期投資」「積立投資」の3つを指すこともあります。分散投資は、リスクを分けるために異なる種類の資産に投資すること。長期投資は、市場の短期的な変動に惑わされずに、長い期間を通じて投資を続けること。積立投資は、一定額を定期的に投資することで、平均購入コストを抑える戦略です。これらの原則に従うことで、投資リスクを抑えつつ、資産を着実に増やすことが期待できます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。