投資その他の資産

「投資その他の資産」とは、企業が保有する株式や債券などの投資対象と、それ以外の資産の総称です。これには長期投資目的の不動産や特許権などの無形資産、あるいは貸付金なども含まれます。これらは企業の財務状況を示すバランスシートに記載され、企業の将来の収益に寄与する可能性があるため、投資家が企業の価値を評価する際に重要な要素となります。短期的な現金化が難しい資産も含まれるため、流動性よりも長期的な価値が重視されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。