当座比率

当座比率は、企業の短期的な支払い能力を示す指標です。流動資産の中でもすぐに現金化できる「当座資産」(現金、預金、売掛金など)を、短期間で支払う必要がある「流動負債」で割って計算します。一般的に、当座比率が100%以上あれば、短期的な負債を賄えるとされ、企業の財務健全性が高いと評価されます。しかし、業種や事業特性によって適正な比率は異なるため、単純な比較には注意が必要です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。