当限

「当限」とは、証券取引において、特に先物取引オプション取引で使われる用語で、その月の契約が満期となる期限を指します。例えば、3月に取引される先物やオプションの契約であれば、「3月限」と表現されます。当限は、その月の特定の日(通常は月の中旬から下旬の特定の日)に満期を迎え、契約が終了することを意味します。投資家は当限までにポジションを決済するか、次の限月にロールオーバー(持ち越し)する必要があります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。