自筆証書遺言

「自筆証書遺言」とは、遺言者が自分の意志を残す文書で、全文、日付、氏名を自分で手書きし、署名・押印する遺言のことです。証券用語ではなく、法律用語であり、遺産分配に関する個人の最終的な意向を示すものです。専門家や証人の立会いは不要で、遺言者本人による書き方が重要です。正式な手続きを経ずに効力を持つため、簡単に作成できる反面、偽造や紛失のリスクもあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。