自主廃業

「自主廃業」とは、会社が経営状況の悪化や将来のリスクを避けるために、強制ではなく自らの意思で事業を停止し、廃業することを指します。これは、規制当局からの命令や法的な手続きを待たずに、会社が主体的に決定し、顧客や市場への影響を最小限に抑えつつ、事業を整理する行為です。自主廃業は、会社の信用や責任を考慮した上での積極的な選択と言えます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。