自己資本

自己資本とは、会社が株主から集めた資金(株式資本)や過去の利益を蓄えたもの(利益剰余金)など、会社が借り入れなどの外部からではなく、自分自身で持っている資金のことです。これは会社の財務の健全性を示す重要な指標であり、自己資本が多いほど、会社が安定していて経済的に自立していると見なされます。また、自己資本比率という形で、会社の総資産に占める自己資本の割合を示すことで、財務の強さを評価することができます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。