自己資本比率

自己資本比率は、企業の財務の健全性を示す指標の一つです。企業の総資産に占める自己資本(企業が株主から集めた資金や内部留保など、借入金以外の資金)の割合をパーセンテージで表します。計算式は「自己資本÷総資産×100」で求められます。この比率が高いほど、自己資金による資金調達が多く、財務が安定しているとされ、逆に低い場合は借入金に依存している可能性があり、財務リスクが高いと考えられます。投資家はこの比率を参考に、企業の安全性を評価します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。