自己株式取得

自己株式取得とは、会社が市場から自分の発行した株式を買い戻すことです。これにより、流通している株の数が減り、残った株の価値が相対的に上がることが期待されます。また、自己株式は配当の対象外となるため、会社の利益を株主に分配する際の一株あたりの配当額が増えることもあります。自己株式取得は、会社の財務状態が良好で余剰資金がある場合や、株価が低く評価されていると判断した時に行われることが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。