信用買い残・売り残

「信用買い残」とは、投資家が株を借りて購入し、まだ返済していない株の量を指します。これは、将来の株価上昇を見込んで行われる取引です。一方、「信用売り残」とは、投資家が借りた株を売り、後で安く買い戻して返すことを目論む取引で、株価の下落を予想しています。これらの数字は市場の投資家の期待感を反映し、多くの売り残や買い残があると、将来の価格変動が大きくなる可能性があります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。