新安値

「新安値」とは、株式などの証券が市場で取引される際に、その時点で過去の一定期間内に記録された最も低い価格を更新したことを指します。例えば、ある株が1年間で最も低かった価格よりもさらに低い価格で取引された場合、その株は「新安値」をつけたと言われます。投資家にとっては、その銘柄の弱さや市場の悲観的な見方を示すサインと捉えられることが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。