信託財産の分別管理

「信託財産の分別管理」とは、証券会社などが顧客から預かったお金や株式などの資産(信託財産)を、会社の資産とは別に管理することです。これにより、もし証券会社が経営破綻した場合でも、顧客の資産は守られ、他の債権者に取られることがないようにするためのルールです。信託財産の分別管理は、投資家の資産を保護するために非常に重要な仕組みです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。