信託型ライツプラン

信託型ライツプランは、企業が敵対的買収から身を守るための防衛策の一つです。企業が信託銀行と契約し、新株予約権(ライツ)を信託銀行に預けます。もし敵対的買収が発生した場合、信託銀行は条件に応じてこれらのライツを既存の株主に割り当てることで、買収者の株式取得を困難にし、企業を守ります。株主には新たな株を割安で購入する権利が与えられ、買収者にはその権利が与えられないため、買収の抑止力となります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。