申告分離課税

申告分離課税は、特定の所得に対して、通常の所得とは別に税金を計算し申告する制度です。例えば、株式の売買で得た利益(譲渡所得)は、他の収入とは分けて税率が定められており、その利益に対して個別に税金を申告・納付します。この制度により、所得の種類に応じた適切な税率を適用することができ、税務が公平に行われるようになっています。投資家は、この制度を理解し、正しく申告することが求められます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。