新株発行

「新株発行」とは、企業が新たに株式を作り出し、それを投資家に売ることを指します。これにより企業は新たな資金を調達することができます。新株発行は、企業の成長や新事業の開始、借入金の返済など、さまざまな理由で行われます。ただし、新株発行により株式の数が増えると、1株あたりの利益(EPS)が減少するため、株価が下がる可能性もあります。そのため、新株発行は企業の経営判断と投資家の判断が試される重要なイベントとなります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。