減価償却費

減価償却費は、会社が購入した建物や機械などの長期にわたって使用する資産の価値が時間とともに減少することを会計上で表す費用です。例えば、会社が1000万円で機械を買い、10年間使うと想定すると、毎年100万円ずつその価値が減っていくと考え、その100万円を減価償却費として計上します。これにより、資産の価値減少を経費として反映し、実際の利益を正確に把握することができます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。