健康経営優良法人認定制度

健康経営優良法人認定制度は、従業員の健康を経営戦略として重視し、その取り組みが優れている企業を日本政府が認定する制度です。この認定を受けた企業は、従業員の健康増進に努めていることが評価され、投資家や顧客からの信頼が高まる可能性があります。証券市場においては、健康経営に注力する企業が長期的に安定した業績を維持しやすいと見なされることがあり、投資判断の一つの材料となることがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。