継続企業の前提

「継続企業の前提」とは、会社が将来も無期限で継続して事業を行うと見込まれるという会計の基本的な考え方です。この前提に基づき、財務諸表は作成されます。もし会社が近い将来に事業を停止するリスクがある場合、その情報は投資家や債権者にとって重要であり、財務諸表に反映されるべきです。継続企業の前提が妥当でないと判断された場合、会計処理や評価方法が変わることがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。