景気ウォッチャ―調査(街角景気)

景気ウォッチャー調査(街角景気)は、日本の経済動向を把握するために行われる調査です。国内12地域を対象に、実際に消費者と接する仕事をしている人(例:タクシー運転手、小売店員など)や、職業安定所職員などに現在の景気について感じていることを聞き、その情報をもとに景気の実感を測るものです。これらの「ウォッチャー」の声を集めることで、経済の先行きや地域ごとの状況を分析し、政策立案の参考にされます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。