グリーンウォッシング

グリーンウォッシングとは、企業が自社の製品や活動を環境に優しいと見せかけるマーケティング手法のことです。実際には環境への配慮が不十分なのに、環境保護を強調することで消費者や投資家を誤解させようとします。この行為は、環境に対する意識が高まる中で、環境に良いイメージを利用して商品や株式を売り込むために行われますが、実際の環境への貢献度は低いことが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。