クロス取引

クロス取引は、同じ証券会社の異なる顧客間で、株などの売り注文と買い注文が同時に成立する取引のことです。例えば、Aさんが売りたい株と、Bさんが買いたい株が同じで、価格も合致した場合、証券会社は市場に出さずに内部で取引を成立させます。これにより、市場の価格に影響を与えずに、効率的に取引を完了させることができます。ただし、市場の公正性を守るために、クロス取引には厳しいルールがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。