クレジット・スプレッド

クレジット・スプレッドは、異なる信用リスクを持つ債券間の利回り差を指します。例えば、リスクが高い企業債とリスクが低い国債を比較した場合、企業債の方が高い利回りを提供します。この利回りの差がクレジット・スプレッドです。投資家はこのスプレッドを分析して、追加リスクを取ることで得られる追加収益が適切かを判断します。クレジット・スプレッドが広がると、市場がリスクを高く評価していることを意味し、縮小するとリスクへの懸念が減少していることを示します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。