クレジットと分散

「クレジットと分散」という用語は、投資のリスクを管理するための戦略を指します。「クレジット」は信用リスクを取ることで、例えば企業が発行する債券に投資することを意味します。企業が返済不能になるリスクを負う代わりに、投資家はより高い利息を受け取ることができます。「分散」は、投資を様々な資産に広げることで、特定の投資が悪化した場合の影響を軽減する戦略です。つまり、クレジットリスクを取りつつも、そのリスクを分散させることで全体のリスクを管理しようとするアプローチです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。