繰延税金負債

繰延税金負債は、会計上と税法上の利益の計算方法の違いから生じる将来支払う税金のことです。企業が会計上は費用を計上しても、税法上はすぐには認められず税金がかからない場合、将来その費用が税法上認められたときに税金を支払う必要があります。この将来支払う税金をバランスシートに「繰延税金負債」として記録します。つまり、今は払わなくても、将来税金として支払うべき金額のことです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。