繰延資産

繰延資産とは、将来にわたって経済的利益を生むと見込まれる支出を会計上資産として計上したものです。例えば、広告宣伝費や研究開発費など、一度に大きな出費をしたものの、その効果が数年にわたる場合、その費用をすぐに経費として処理せず、数年間に分けて費用として計上します。これにより、各期の財務状況をより適正に反映させることができます。繰延資産はバランスシート上の資産の部に計上されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。