クリアリング機構

クリアリング機構とは、証券や金融取引において、売り手と買い手の間で取引の成立を確認し、お金や株式などの資産のやり取りをスムーズに行うための仕組みです。取引が行われた後、この機構が間に入って、売り手には代金を、買い手には株式などを確実に渡す役割を果たします。これにより、取引の安全性が高まり、市場の信頼性が保たれます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。