銀行間相場

「銀行間相場」とは、銀行同士が直接取引を行う際の為替レートのことです。これは、大手銀行や金融機関が市場で通貨を売買する際の基準となるレートで、一般の個人や企業が利用する為替レートよりも通常はより良い(スプレッドが狭い)条件で取引されます。このレートは、外国為替市場の流動性や供給・需要のバランスによって常に変動しており、為替市場全体の指標としても重要です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。