「玉」とは証券用語で、投資家が保有する株式やそのポジション(持ち株)のことを指します。例えば、「重い玉を抱えている」という場合、投資家が売りにくい、損をしている、または大量の株を持っている状態を表します。逆に「軽い玉」とは、少量の株や利益が出ている株のことを言います。投資家は市場の動向に応じて、これらの「玉」を売買し、利益を得たり損失を回避したりします。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。