ギャップダウン

ギャップダウンとは、株価や指数が前日の最低価格よりも大きく下がって取引が始まることを指します。例えば、前日の取引範囲が100円から105円だった株が、次の日に95円で始まる場合、その5円の空白部分が「ギャップ」と呼ばれます。この現象は、悪いニュースや市場のネガティブな感情などによって起こることが多く、売り圧力が強いことを示しています。投資家はこの動きを利用して市場のセンチメントを読み取ることがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。