逆日歩に買いなし

「逆日歩に買いなし」とは、株式の空売り(売り建て)を行った投資家が、決済期日に株を返却する際、その株が不足していて借りられない状況を指します。このとき、株を貸す側は逆日歩という手数料を受け取ります。しかし、逆日歩が高額になると、空売りをするメリットが減少し、新たに空売りをする投資家が出にくくなるため、「逆日歩に買いなし」と言われます。つまり、逆日歩が高いと空売りの新規参入者が少なくなる現象を指しています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。