逆ザヤ

逆ザヤとは、金融商品を売買する際に、買う価格(買値)が売る価格(売値)よりも高い状態を指します。通常、売値の方が買値より高いのが普通ですが、逆ザヤの場合はその逆で、この状態で取引を行うと、売買の差額で損をすることになります。逆ザヤは、市場の流動性が低い時や、需給バランスが崩れている時に発生しやすい現象です。投資家は逆ザヤの状態を避けるため、市場の状況をよく分析する必要があります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。