金利リスク

金利リスクとは、金利の変動によって投資が損失を被る可能性のことです。例えば、あなたが債券を持っているとき、金利が上昇すると、その債券の価値は下がります。なぜなら、新しく発行される債券はより高い金利で投資家に利益を提供するため、既存の低金利の債券は魅力を失うからです。逆に、金利が下がれば債券の価値は上がります。株式や不動産など他の投資も金利の影響を受けるため、金利リスクは多くの金融商品に共通する重要な要素です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。