金利と景気

金利と景気は経済の動きを理解する上で重要な要素です。金利は、お金を借りる際に支払う利息の割合のことで、これが低いと企業や個人はお金を借りやすくなり、投資や消費が活発になります。これにより景気は良くなる傾向にあります。逆に金利が高いと、お金を借りるのが難しくなり、投資や消費が減少し、景気は悪くなる傾向にあります。つまり、金利と景気は密接な関係があり、金利の動きを見ることで景気の動きを予測することができます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。