金利と為替

金利と為替は経済の重要な要素です。金利はお金を借りる時のコストで、高いと貯金が増えやすく、低いとローンが安くなります。為替は異なる通貨間の交換レートで、このレートは国際貿易や投資に影響を与えます。金利が高い国の通貨は投資のリターンが良いため需要が増え、その結果、為替レートが上がることがあります。逆に金利が低いと通貨の価値が下がることがあります。金利と為替は相互に影響し合いながら、世界経済を動かしています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。