金融ビッグバン

「金融ビッグバン」とは、日本では1990年代後半に行われた金融市場の大規模な自由化・規制緩和のことです。これは、金融機関の競争を促し、より多様で利用者にとって便利な金融サービスを生み出すために実施されました。具体的には、銀行、証券、保険などの業界間の壁を取り払い、市場の国際化を進めることで、より活発で開かれた金融市場を目指しました。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。