金融引き締め

金融引き締めとは、中央銀行が経済の過熱やインフレーションを抑えるために金利を上げたり、市場からお金を吸収する政策のことです。金利が上がると、企業や個人が借りるお金のコストが高くなり、投資や消費が減少することで経済活動が落ち着きます。この政策により、物価の上昇を抑えることができるため、インフレ対策として用いられます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。