金融調節

金融調節とは、中央銀行が市場におけるお金の量や利子率を調整することです。これにより、経済の過熱や不況を防ぎ、安定した成長を目指します。例えば、経済が過熱気味の時は、金利を上げてお金の借り入れコストを高くし、投資や消費を抑えます。逆に、経済が低迷している時は、金利を下げてお金を借りやすくし、投資や消費を促進します。このような操作を通じて、経済の安定を図るのが金融調節の役割です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。