金融相場

金融相場とは、株価が実体経済の状況よりも金融政策や金利の動向によって大きく影響を受ける相場のことです。例えば、中央銀行が金利を低く設定すると、お金を借りやすくなり、その結果、投資が活発になって株価が上昇することがあります。このように、企業の業績よりも金融環境が株価に大きく作用する状態を指します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。