金融政策

金融政策とは、中央銀行が経済の安定や成長を目指して行う政策のことです。具体的には、金利の調整や市場への資金供給を通じて、物価の安定や雇用の増加を図ります。金利を下げるとお金を借りやすくなり経済が活性化し、逆に金利を上げるとインフレ抑制につながります。このように中央銀行は金融政策を使って経済を調節します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。