金融政策決定会合

金融政策決定会合とは、中央銀行が定期的に開催する会合で、経済の安定や成長を目指して金融政策を決める場です。例えば、日本銀行では「金融政策決定会合」があり、ここで金利の設定や市場への資金供給量などを議論し、決定します。この会合の結果は経済に大きな影響を与えるため、投資家や企業はその内容を注視しています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。