金融商品仲介業

金融商品仲介業とは、証券会社や銀行などの金融機関が直接行うのではなく、それらの金融商品を顧客に代わって売買する仲介サービスを提供する業務です。仲介業者は、株式や債券、投資信託などの金融商品を顧客に紹介し、取引が成立した際に手数料を受け取ります。このサービスにより、顧客はより多様な金融商品にアクセスでき、仲介業者は専門知識を活かして顧客の投資活動をサポートします。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。