オールインコスト

オールインコストとは、証券や金融取引において、投資の際にかかる全ての費用を指します。これには、金利や手数料、その他の経費など、取引を行うために必要なコストが全て含まれます。投資家が実際に支払う総コストを把握するために用いられ、投資の収益性を評価する際に重要な指標となります。オールインコストを知ることで、投資家は隠れたコストに気づき、より正確な投資判断を下すことができます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。