JIBOR(ジャカルタ銀行間取引金利)

「JIBOR(ジャカルタ銀行間取引金利)」は、インドネシアのジャカルタにおける銀行間での短期資金取引の平均金利を指します。具体的には、主要な銀行が他の銀行に対して短期間貸し出す際の金利の平均値として定められます。金利は通常、オーバーナイトから数ヶ月までのさまざまな期間で設定されます。

JIBORは、インドネシアの金融市場の流動性や銀行間の信用状況を示すバロメーターとして機能します。また、多くの金融商品やローンの基準金利として使用されるため、経済や投資家にとって重要な指標となっています。JIBORの動きは、インドネシア中央銀行の金融政策や国内経済の健全性を示す手がかりにもなります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。