CB

「CB(Convertible Bond)」は、正式名称「転換社債型新株予約権付社債」で、債権と株式の特性を兼ね備えた証券です。変換社債は、通常の社債として利息収入を得ることができる一方、所定の条件下で、発行会社の株式に変換する権利を持っています。

投資家にとって、CBの魅力は、株価の上昇時には株式に変換して資本利益を享受できる一方、株価が下落しても社債としての利息収入や償還額を受け取る安定性がある点にあります。一方、企業にとっては、低い利率で資金を調達できるというメリットがあります。ただし、将来的に株式に変換されることで希薄化のリスクも伴います。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。