CDS

「CDS(Credit Default Swap)」は、クレジットリスク、特に債務不履行リスクを移転する金融派生商品の一つです。CDSは、基本的に「保険契約」と考えることができます。債権保有者(保護購入者)は、特定の企業や国が発行した債券のデフォルト(債務不履行)が発生した場合のリスクをカバーするために、CDSを購入します。CDSの売り手は、定期的にプレミアム(料金)を受け取り、デフォルトが発生した場合には保護購入者に損失分を支払います。

例えば、企業Aの債権を持つ投資家が、企業Aのデフォルトリスクを懸念している場合、CDSを利用してそのリスクをヘッジ(保護)することができます。CDSは、金融危機時にリスク管理ツールとしての側面と、リスクが不透明になる要因としての側面を持つ複雑な商品です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。