FRA

「FRA」とは「Forward Rate Agreement」の略で、固定金利と浮動金利の間での金利の差を基に清算額が決まる金融派生商品を指します。FRAは、将来の特定の期間に適用される短期の金利を固定するために使用される契約です。

具体的には、FRAの買い手は、将来の特定の期間に特定の金額に対して固定金利を支払い、浮動金利を受け取ることになります。逆に、売り手は固定金利を受け取り、浮動金利を支払います。

FRAは、金利リスクをヘッジするためのツールとして、銀行や企業によって利用されます。例えば、企業が将来的な金利の上昇を懸念している場合、FRAを使用して金利を固定し、リスクを軽減することができます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。