ローレイテンシー

「ローレイテンシー」とは、特に高頻度取引(HFT)などの電子取引において重視される概念で、極めて短い遅延時間(レイテンシー)を意味します。レイテンシーとは、命令が発行されてからその結果が返されるまでの時間を指します。

ローレイテンシー取引は、情報や取引指示がシステムを通過する速度が非常に速いことを要求します。高頻度取引では、極小な価格の変動を狙って大量の取引を瞬時に行うため、ミリ秒単位、あるいはマイクロ秒単位の遅延でさえも取引の成果に影響を及ぼす可能性があります。

そのため、取引所への物理的な接続の最適化や、高速なネットワーク、最先端のハードウェアなどを用いて、極力レイテンシーを低減する努力がなされています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。