ロールオーバー

「ロールオーバー」とは、先物や外国為替取引において、現行の契約期間が終了する前に次の期間への契約を新たに結ぶことを指します。これは、既存の契約を満期にさせることなく、新しい契約期間にポジションを持ち越すための手続きです。

先物取引の場合、具体的な商品の受け渡しを目的とせず、価格の変動による利益を追求する投資家が多いため、ロールオーバーは一般的な手続きとなっています。ロールオーバーすることで、投資家は市場に継続的に参加することができ、取引戦略を続けることが可能です。

外国為替取引の場合も、実際の通貨の交換をせず、差額決済を目的としてロールオーバーが行われることが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。