ローソク足

「ローソク足」とは、株価や為替レートの動きをグラフ化する際の表示方法の一つです。ローソク足は、一定期間(例: 1日や1時間など)の始値、終値、高値、低値を四本の線で表現します。

具体的には、始値と終値の間を太い矩形(実体と呼ばれる)で示し、その上下に高値や低値までの細い線(影と呼ばれる)を引きます。終値が始値よりも高い場合(価格が上昇した場合)は、実体を白や緑色で表示し、逆に終値が始値よりも低い場合(価格が下落した場合)は、赤や黒で表示することが一般的です。

ローソク足は、一目でその期間の価格の変動やトレンドを捉えることができるため、多くのトレーダーや投資家によって利用されています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。